Loading…

Maintenanceメンテナンス

太陽光発電設置後に
「思ったより発電しないな」、「投資回収率が悪いな」と感じていませんか?

発電しない原因は、メンテナンス不足かもしれません

太陽光発電を設置後、数年経過すると、汚れがついてしまったり、目には見えない不具合が起こることがあります。
そのため、せっかく設置した太陽光発電を正常に作動させ続けるためにも、定期的な点検・メンテナンスが必要です。

3か月に1回、最低でも年に1回は点検が必要です

どのような点検・メンテナンスをするのか

外見検査

外見検査

草や土など目で目で見て、発電を阻害している要因がないか見極め、パネルやケーブルを傷つけないよう、適切に処理していきます。

内部検査

内部検査

集電版やPCSデータ、エラー履歴を確認し、不具合が起きていないか調査をします。何かしらの問題があった場合はお客様に説明後、すぐに対応します。

点検状況やメンテナンス後はお客様にレポートをお渡しし、丁寧に説明しています。

太陽光設備付近の草刈りはプロにお任せください!

草刈り

太陽光設備周辺はケーブルが多く誤って切ってしまったり、草刈りをする際に小石が飛びパネルを割ってしまうなどのトラブルが多発しています。
太陽光設備周辺の草刈りはプロにお任せください!

090-6251-8242

メールでの問い合わせ

Contactお問い合わせ

太陽光発電のことはケイテクにお任せください!